検索順位もアッと言う間に入れ替わる!?キーワードの選び方で結果は変わる?!

最近、アクセス解析を分析するのがますます楽しくなってる中の人、くりはらです(^ ^)

検索順位って1分1秒ごとに変わってるって知ってました?
意外とそんな風に見えないんですけどね(^▽^;)

pak85_coding15095904_tp_v-300x225

意外な話なんですが、まずは検索エンジンのお話をしてみましょう。

検索エンジンが世界中のサイトを見て回ってる(クロールしている)速さ、どんな感じか知ってます?

パソコンから検索した時に表示されてますけども、わずか0.1~0.3秒で世界中のありとあらゆるサイトの情報をチェックしているんです!!

indexandrobot

こんな感じですかね?イメージ像ww

検索している人が何億人いたら、その一人ひとりが検索するごとにクリックされてるサイトは違ったりしますよね?

検索エンジンはそれを瞬時にまとめ上げて、順位に反映させてるんです。

何とも想像の域を超える世界のお話かも知れませんね(^▽^;)

検索エンジンがこう言った働きをしてくれるお陰で、私たちのネット生活が順風満帆に過ごせるようになっているのです。

では、検索順位で上位に、トップ10入りにするためにはどうしたら良いのかを考えてみましょう。

簡単なお話だとは思いますが、今一度考えてくださいね。

まずは、
「でんクリドットコム」平仮名だけで検索してみてください。

すると、

次の検索結果を表示しています: でんくりドットコム
元の検索キーワード: でんくりどっとこむ

と出て来るのと、検索順位1~10番目が登場していると思います。

この順位が不動とは言えないのですが、不動にさせるためのキーワードチョイスがまずは必要だと言えませんか?

他にも、「ヒカキン」や「マックスむらい」、「バイリンガール」や「はじめしゃちょー」などの今流行りの「YouTube」のビッグチャネラーである「ユーチューバー」の検索数は一日数百件に上る勢いになってますが、芸能人や業界の知名人など、知名度のある人の名前も非常にヒットしやすいキーワードと言えるものになります。

他にもスマホゲームである「パズドラ」や「モンスト」、挙句の果てには「白ネコ」「黒ネコ」もその中に加わって来ていたりします(・∀・)/
「白ネコ」「黒ネコ」もスマホゲームのタイトルに使われてるんですよね。
よく考えられてますね!

次に、他社・他者、競争倍率の激しいキーワードでどう勝ち上がって行くかを考えてみましょう。

競争倍率の高いキーワード→業種名や地域名、同じ名前などなど、被るキーワードに対して、どう対処して行くかが勝敗のカギとなります。

search2

そんな時に役立つのが、キーワードチェッカーですね( ´∀`)/

▼Yahoo!検索ランキング
http://searchranking.yahoo.co.jp/

▼Googleトレンド
https://www.google.co.jp/trends/

まだまだ他にもありますが、まずはここらから使って活用してみてはいかがでしょう?

以上、検索順位の変化とキーワードの選び方についてでした。

ありがとうございました!

 

**************
でんクリドットコムのブログ
—–
何だかんだと好きなことからお役立ちなネタ、個人事などなど、いろんなこと書いてます。 気長に読んでみてくれたら嬉しいです(^o^)
ここでは特に仕事のことをメインにってしてないので、フランクな感じとか気軽に読める内容を目指して書いてます。
なんで、いろんな内容が飛び交いますがこれもご愛嬌ってことで、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
—–
▼でんクリドットコムについて▼
クリエイティブデザインスタジオ でんクリドットコム
WEB制作・集客クリエイター、似顔絵・キャラクター制作など行ってます。
▼主にfacebookでつぶやいてます。
https://www.facebook.com/dencreacom/
twitterもやってます。

https://twitter.com/dencreacom
他にもあれこれSNSやってたりしますが、主に更新してる内容のものだけご紹介しときますね(ノ´з`)

—–
そんな感じで、これからもゆる~くお付き合いいただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
**************

 

 

大阪出身・40代。結婚を機に京都へ移転。
大学時代にWEBの魅力にハマり、いつかこの業界で活躍したいと抱いていた夢を実現する。
常にお客様の悩みや課題に向き合い、ホームページやWEBツールを通して、独自のブランド力を創出する事に余念がない。
ニーズの把握やブランドマーケティング、ターゲット創出も研究し続けている。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)