新型コロナの影響や、いかに!?自粛不況の煽りで倒産する会社にならないためには!?

クリエイティブデザインスタジオ でんクリドットコムの中の人・栗原です。

今回起こってきている新型コロナウイルスの影響がどんどん拡大して行っている中で、消費傾向も閉鎖的になり、疲弊して行ってる一方で、会社やお店でも相次ぐ倒産・閉店の声を耳にしています。

そんな中で、弊社もそうですが、今回のような経済危機に対してどのように捉えてどのように考え、打って出るのか?を一緒に考えていただきたいと思います。

 

経済危機を機会に会社・お店の取り組みを改めて見直す良い機会に

今回、コロナウイルスの影響で、市場で相次ぐ予約のキャンセルだったり、店舗からマスクやティッシュ、トイレットペーパーなどの一部の商品が品切れ状態になる傾向が見られました。

これって、なぜそのようになったかの理由は皆さんも既にお気づきかと思いますが、大きな要因のひとつに挙げられるのが、「情報の影響」です。
テレビや新聞などのマスメディアの影響力が一番大きいかと思われますが、実は今回でも話題に挙げられたのが、「SNS」の影響力でした。
皆さんは普段からSNSを活用されていれば分かるかと思いますが、どんな情報を目にしていますでしょうか?
思い返していただければ分かりますが、きっと自分が興味のある情報が真っ先に目につくかと思います。

そんな情報を鵜呑みにしたり、情報に振り回されたりと言う状況から打破する必要があります。
ついでに言うと、その情報から自分(会社やお店として)は何をしたら良いのか?
そう言った危機的情報から自分(会社やお店として)の取り組みを改めて見直してみる機会にしてみてはどうでしょうか?

どのように情報をくみ出し、見直したりチャンスにして行くのか?

では、具体的にどう言ったところからくみ出して行き、見直すのか?
はたまた、チャンスとして生かして行けるのか?のお話をします。

これを読まれて、既にやってるぞ!と思われる方は、さらに次のステップへと進んで行っていただければと思いますが、まだ分からない、見直しが出来ていない、チャンスに出来ていないと言う方は必見です!

例えば、今回のコロナウイルス。
被害の状況をどのように捉えますでしょうか?
消費者立場での目線、会社的立場での目線、第三者的立場での目線。
いろんな見方があるかと思います。
そんな中から真っ先に目を付けたいところは、会社的立場での目線かと思います。
もちろん、消費者的立場は自分も含まれますが、社内・お店での取り組みを見直したりチャンスにして行くためのミカタが必要になるので、会社的立場での目線を用いることが大事ですね。

じゃあ、「会社的立場での目線」とは一体何なのか?
それは、対事業、対消費者それぞれがお客様としてある上で、今回のコロナウイルスが与える影響がどこにどんな風に影響を与えるのかを引き出します。
対事業の場合であれば、輸入制限だとか、海外工場の生産供給ラインの歯止めがかかる。
対消費者の場合であれば、コロナウイルスにかかるのが怖くて外出したくない。マスクやティッシュが不足するからと言って買い溜めする。
などがあります。

また、その反対も考えます。
先ほど挙げたのはマイナス的要因になりますが、反対はプラスになる要因の事。
どう言う情報、状況なら事業が進められるのか。売上につながるのか。理念を通して形作って行けるのか。
お店で例えるなら、どうやったらお店に来てもらえるのか。安心して買ってもらえるのか。など。
色々と引き出せると思います。

そこまで考えれたのなら、さらにもう一歩具体的に考えてみましょう。
それを繰り返して行くことで、情報や取り組みの見直しを洗い出しすることができます。
そう考えると願ってもないチャンスだなって思うんですが、いかがでしょうか?

改善策からできることが必ずある

チャンスかどうか分からない方のために、もうひとつお話をすると、見直し・洗い出しをするとアイデアが出て来てませんか?
「何をどうすればよい」と言う内容が見えて来ると思います。
ここで見えてなかったり分からない方は、考え方をより深く考える練習が必要になります。

そう言ったアイデアはもちろんの事、改善策など出て来た言葉の中に、その場の逆境を乗り切るチャンスが出来るのです。
簡単な話で言うと、それが出来るか出来ないかでその後の差がどんどん開いて行くと言う結果になるのです。
置いてけぼりとか嫌ですよね?
わざわざ見えてるチャンスを見逃したり、捨てたりはしないですよね?
単純に、分かった方法から実行して行けば良いのです。

例えば、こうやって書き綴っているブログ。
これって、誰かの役に立つところにつながりますよね?
これを読んで、「よし!やってみよう!」って思ってくださった方は少なくとも素晴らしい方だとお見受けします。
それぞれに引き出してきた改善策とか打開策などの方法や内容は違うのが当たり前。
もしかしたら一緒の方法もあるかも知れませんが。
それを取り組む人によって、結果は変わって来ますが、「プラスになる」って言う結果は誰がどうやっても一緒の結果です。

じゃあ、それが分かっててやらないよりもやってみる方が良いですよね?

これを読んでいただいたみなさん、早速、紙とペンを用意して、今回の「コロナウイルス」の情報を元に、引き出せることを洗い出ししてみましょう!
もし、やってみて結果がどうだったかを教えていただけると嬉しく思いますし、また更にその次にお伝えできることも深まりますので、楽しみにしております。

 

最後に。。。

今回のお話は、「コロナウイルス」の情報に左右されてしまって閉鎖的になったり疲弊するのではなく、それを上手に生かしてプラスを生み出す、利益を生み出すための第一歩になるためのお話をさせていただきました。

さらに言うと、「頭で考える < 声に出す < 書き出してみる」とすることでプラスになる効果がより具体的になります。
それが何故かを知りたい方は、ぜひともチャレンジしてみてください。
で、それが分かった方はぜひコメントをお寄せいただければ幸いです。
このコロナショックから脱却して強い企業体質、お店体質を作って行きましょう!

こう言った形をすぐにでも取り入れてみたいけど、やり方が分からない。
実践、チャレンジしてみたいけど、どうやったら良いか分からない。
そんな方はすぐにご相談ください!
成功する人はチャンスを逃さない。
だからこそ打ち勝てるんです!

あと、オンライン対策・営業ツールやサービス展開などお考えの方も、迷ってるなら一度お問い合わせください。
補助金や給付金の事なども対応しております。


 

 


D-C.com/Web,Design
クリエイティブデザインスタジオ でんクリドットコム

〒612-8492
京都府京都市伏見区久我本町8-20 パルシティ久我210
TEL. 075-286-7046
http://www.den-crea.com/

大阪出身・40代。結婚を機に京都へ移転。
大学時代にWEBの魅力にハマり、いつかこの業界で活躍したいと抱いていた夢を実現する。
常にお客様の悩みや課題に向き合い、ホームページやWEBツールを通して、独自のブランド力を創出する事に余念がない。
ニーズの把握やブランドマーケティング、ターゲット創出も研究し続けている。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)